Pebbleの「Happiness App」を入れて、消した話

Pebbleから健康状態をまとめてくれるアプリ「Happiness App」がリリースされたので、
入れて使ってみました。

Kickstarterサイト

Pebbleストア

638b1e9d7aae441eb6e02a9d495a62d3_original.png

画面の感じはこんなん。

日中、毎時00分になるとブブッと振動して「調子どう?」と聞いてくるので、

・元気度
・テンション
・今どこにいるか
・誰といるか
・この1時間は何をしていたか
を選んでいく。

設問が英語なので、適当に調べながら答えていきますが、選択肢がない「その他(Other)」を選ぶと、いきなりマイクが起動して
リスニングが始まって焦りました(笑)
日本語が入らないのでカタコト英語をふき込むも、「Store」が「Four」になるなど残念な状態。

で、仕事中も家でもチマチマデータを上げ続けていたら、昨日、メールが届きました。
Screenshot_20160619-071344.png
1週間の集計がグラフになっていました。無駄にカッコいい。
↑以外にも色んなデータが集計されていました。

で、このメールを見て満足したのでアプリは消しました。
google+のコミュニティか2chかは忘れましたがバッテリーの減りが速いという話と、単純にめんどくさい事が理由です。

仕事に集中している時にpebbleが震えて、集中が途切れたり、聞かれたら応えたいのでこっそりポチポチしてしまうのに疲れました。
当面は標準のHEALTHで運動と睡眠のデータだけ取れればいいかな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック